ホーム > 先輩看護師メッセージ

先輩メッセージ

藤井 茉莉花

出身校:秋田県立衛生看護学院

今の病院を選んだ理由をお答えください

 私は元々看護師ではなく理学療法士志望でしたが、学生時代に患者さんに24時間寄り添うことが出来る看護師に魅力を感じました。リハビリテーションに興味があった事もあり当院の病院見学をさせて頂き、その際にリハビリテーションがある9単位以外の時間を看護師が工夫して関わり、できるADLをしているADLに移行していく事の重要性を学びました。その為には他職種との連携も重要となります。チームアプローチとしてリハビリスタッフが病棟配置となっており、情報共有しやすい環境となって患者さんの退院後の生活を踏まえた関わりをしている為、より一層回復期リハビリテーション看護を学ぶ事ができると考え当院を志望しました。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 チーム医療を重要視している事から他職種との連携が強く、情報共有できる場が多くなっています。月2回ずつの定期カンファレンス・ミニカンファレンスがあるだけでなく、病棟でたくさんの話合いをしチームアプローチしています。患者さんの退院後の生活を踏まえて、具体的な目標を立案し同じ目標に向かってケアを提供できる事が当院の良いところだと考えています。入院中から退院時設定を考えてプランを立案し実施する事で、安全・安楽に、その人らしさを尊重しながら関わる事が出来るのが当院の魅力であり、自分自身でも大事にしていきたい部分となっています。

職場の雰囲気についてお答えください

 既卒者が多い中で新卒として当院へ入職し不安が強かったですが、それぞれ様々な病院で経験を積んだ先輩方が多いので心強く、そして学ぶことがとても多いです。こんな看護師になりたい、こんなケアを提供したいと具体的に思う事が出来るので、とても刺激的な毎日を送っています。また、リハビリスタッフが同じフロアにいる事で活気にあふれており、多角的に患者さんをアセスメントする事が可能となっています。患者さんの回復過程をスタッフ全員で促し関わるこの病棟にとても魅力を感じています。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 入職当初は患者さんの回復するスピードに追い付かず、回復期リハビリテーション病棟でのケアの在り方に戸惑いを感じる場面もありましたが、患者さんのその人らしさを尊重し関わる事が出来るリハビリテーション看護に魅力を感じ楽しさも感じてきました。急性期を脱し生活期に移行するまでの関わりが出来るリハビリテーション看護はとても魅力のある領域であるので、是非一度見学にお越しください。

松本 智瑛

出身校:高知県立大学 看護学部看護学科

今の病院を選んだ理由をお答えください

 私は学生時代の実習中、ある患者さんからその人の生活や特徴に合わせた看護を展開していくことの重要性を学びました。患者さんの疾患や症状はもちろんですが、その方の元々のライフスタイルや大切にしていることを理解し、患者さんを「生活をしている人」として関わっていきたいという思いがありました。当院では患者さんひとりひとりの疾患やADL能力に応じた介入だけではなく、その人の尊厳を重んじ病院という制限の多い環境の中で最大限その人らしさが尊重される介入を大切にしています。私は患者さんの疾患だけをみる看護ではなく生活にも目を向けることができる看護を展開していきたいと考え当院を志望しました。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 当院はリハビリテーション病院です。そのため、疾患や障がいをもった患者さんやご家族の生活の再構築を支えることに重きをおいています。当院には急性期病院と連携したスタッフ間の交換制度があります。私もこの制度を利用させて頂き1年間を通して急性期看護を勉強してきました。急性期病院での研修を終え、急性期・回復期看護ともに患者さんの全身状態を管理するという点での共通部分を感じると同時に、それぞれの領域での看護展開の違いも実感しました。回復期病院では患者さんやご家族を生活者として捉え、疾患や障がいをもった状態でいかに希望する生活を構築していくことができるかを大切にしています。治療だけではなく食事や入浴、排泄など生活全体にアプローチし、その人に合わせた介入方法や退院調整をおこなっていくことができることも回復期看護の魅力のひとつです。また、生活の再構築に向けては多職種の連携が重要になります。当院では患者さんとご家族を中心として多職種が連携し合い、生活者である患者さん・ご家族を多面的に捉え介入していくことができます。他職種から学び得るものは多く、私自身も他職種の視点から気づきを得て、そのことを看護展開に活かしていくことも多いです。当院はチーム医療を実践できチーム一丸となって患者さん・ご家族と一緒に生活の再構築に向け共に歩んでいくことができます。私は当院で看護師として働く中でチーム医療の重要性を実感しており、このことは当院の大きな魅力でもあると思います。

職場の雰囲気についてお答えください

 職場の雰囲気は明るく、病棟のスタッフステーションでは医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・管理栄養士・栄養士等の多職種がともに時間と場を共有しています。多職種が入り混じることで、お互いの各専門的視点からの情報共有がよりリアルタイムに可能となり、それだけ患者さんを多面的に把握することができます。私は多職種のつながりが密であるこの職場の雰囲気が好きです。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 当院では患者さんとそのご家族の希望する生活の再構築に向け、多職種が連携し合い患者さん・ご家族にとってのベストは何かを考え続けながらアプローチしています。そして、患者さん・ご家族の思いに寄り添 い「生活をする人」として患者さん・ご家族と関わることができ、人間の尊厳を尊重した看護を展開することができます。リハビリテーションはとても魅力的な領域です。是非、一度見学におこし下さい。





先輩看護師

応募はコチラ

資料請求

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ