ホーム > 先輩看護師メッセージ

先輩メッセージ

松本 智瑛

出身校:高知県立大学 入職1年目(卒後1年目)

今の病院を選んだ理由をお答えください

 私は学生時代の実習中、ある患者さんからその人の生活や特徴に合わせた看護を展開していくことの重要性を学びました。患者さんの疾患や症状はもちろんですが、その方の元々のライフスタイルや大切にしていることを理解し、患者さんを「生活をしている人」として関わっていきたいという思いがありました。当院では患者さんひとりひとりの疾患やADL能力に応じた介入だけではなく、その人の尊厳を重んじ病院という制限の多い環境の中で最大限その人らしさが尊重される介入を大切にしています。私は患者さんの疾患だけをみる看護ではなく生活にも目を向けることができる看護を展開していきたいと考え当院を志望しました。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 当院はリハビリテーション病院です。そのため疾患をもった患者さんとご家族の生活の再構築を支えることに重きをおいています。患者さん・ご家族を中心として多職種が連携し合い、生活者である患者さん・ご家族を多面的に捉え介入していくことができます。あくまでも患者さんとそのご家族が主体であり、希望に沿うことができるようスタッフが一丸となりベストを尽くすよう意識しています。そして、当院は患者さんのタイミングやペースを尊重することのできる病院です。この病院に就職して「待つ」ということの大切さを学びました。私たち医療職のペースではなく、たとえ時間を要しても患者さんのペースを大切にすることがリハビリテーションへの一歩であり、今後の新たな生活につながる重要で必要な時間なのだと実感しています。そこが当院の魅力のひとつであると思います。

職場の雰囲気についてお答えください

 職場の雰囲気は明るく、病棟のスタッフステーションでは医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・管理栄養士・栄養士等の多職種がともに時間と場を共有しています。多職種が入り混じることで、お互いの各専門的視点からの情報共有がよりリアルタイムに可能となり、それだけ患者さんを多面的に把握することができます。私は多職種のつながりが密であるこの職場の雰囲気が好きです。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 当院では患者さんとそのご家族の希望する生活の再構築に向け、多職種が連携し合い患者さん・ご家族にとってのベストは何かを考え続けながらアプローチしています。そして、患者さん・ご家族の思いに寄り添 い「生活をする人」として患者さん・ご家族と関わることができ、人間の尊厳を尊重した看護を展開することができます。リハビリテーションはとても魅力的な領域です。是非、一度見学におこし下さい。

本間 夕莉

出身校:中部大学 入職1年目(卒後5年目)

今の病院を選んだ理由をお答えください

 急性期病院で脳外科を主とする疾患の方に関わる中で、目に見える形で回復過程が見られることはすごくやりがいを感じていましたが、患者さんの多数はリハビリ病院などに転院する方が多く、回復期・生活期というものを見たい、関わりたいと思っていました。なかでも当院の、ADL向上に向けて他職種と連携する「チームアプローチ」を大事にして、チーム全体で患者さん・ご家族のニードに沿った同じ目標へ向かい関わるという方針にひかれました。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 病棟に医師・看護師・介護福祉士のみでなく、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・ソーシャルワーカー等、全職種が配属されており、全職種で患者さんを担当してチーム全体でアプローチしています。他の職種との壁が無く、コミュニケーションが取りやすいです。

職場の雰囲気についてお答えください

 若いスタッフが多いので明るく活気があります。また、他職種、職種間でも壁が無くて相談しやすく、接しやすいと感じています。人間関係がいい職場です。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 患者さんの残存能力、秘めた回復力を引き出して、生活や人生を再スタートしてもらえるよう関わっています。大変ですがやりがいがあります。ぜひ一緒に働きましょう。





先輩看護師

応募はコチラ

資料請求

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ