ホーム > 教育体制について

部門長挨拶

 『回復期リハビリの看護は看護の原点です』

 脳血管疾患で障がいを持った患者さまが、住み慣れた地域、自宅で生活するためには機能の回復はもちろんですが、日常の生活をどのようにしていくかが重要です。
 私たち、看護師は患者さんのできる能力を出来るだけ日常生活に活かせるように関わっていきます。また。患者さんやご家族のこれまでの生活を踏まえて「こうしたい」「こうありたい」という思いを引き出し実現できるように多職種と連携しチームでアプローチしていきます。初台リハビリテーション病院ではリハビリ看護やチームアプローチの楽しさややりがいを実感できるようサポートしていきます。私たちと一緒に患者さん・ご家族に寄り添ったリハビリ看護をしてみませんか?

部門長 野口 美恵


リハ看護のエキスパートになれるようサポートします

<プリセプターシップ>
<臨床看護技術>
全職種にプリセプターシップを導入し、新人研修で学んだことを実践に活かせるよう1年間サポート。チーム全体で新人を育てています。 「採血・注射・輸液・血糖チェック」
回復期においても注射や基本的な看護技術は必要です。基本技術の習得を目指し、技術トレーニングを実践しています。
<ワークショップ>
<臨床看護技術>
全職種でひとつのテーマについて話し合うことで、他職種への理解を深めるとともに、実際のカンファレンスのトレーニングにもなります。 「吸引・酸素療法」
吸引・酸素療法は、気管切開の患者さんもいらっしゃる当院では頻度の高い技術です。必ずトレーニングを経て現場に臨みます。看護師がリハスタッフへの指導も行っています。






教育体制

応募はコチラ

資料請求

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ